1. >
  2. >
  3. 歯磨き粉状ではないホワイトニング
お手洗い

歯磨き粉状ではないホワイトニング

黄ばんだ歯をリフレッシュするホワイトニング

「歯医者あまり」が社会問題になっている現在ですが、その一方で消費者目線でサービスを展開する人気の歯科医院もたくさん存在しています。

現在歯科クリニックで人気となっているのが「ホワイトニング」です。
「ホワイトニング」とはその名称の通り歯を白くしてくれる治療方法のことで、施術を受けることでびっくりするほど真っ白な歯になります。

加齢や喫煙は歯の色を黄ばんだものにしてしまいますが、それはかなり第一印象を悪くしてしまいます。
自分では気にしていないつもりでも笑った時に見える歯の色はかなり相手への印象を左右してしまいますので、いくら笑顔を一生懸命にい作っても、見える歯が真っ黄色では台無しです。

歯の表面が黄色くなる原因は、ステインなどの着色汚れです。
特に習慣的にタバコを吸う人の場合には汚れは毎日の歯磨きでは対処できないほどしつこいものになってしまいます。

他にも色々な原因がありますが、歯の色は時間の経過とともに少しずつ悪化していくので、一度ホワイトニング治療を受けてしっかりリフレッシュをしておくことがすすめられます。

自宅でできるホームホワイトニングとは

歯科クリニックできれいにホワイトニングをしてもらったら、今度はその色を維持することが大切になります。
一旦真っ黄色になった歯を白く戻すのは大変ですが、白い歯を維持するホームホワイトニングは比較的簡単にできます。

ホームホワイトニングのための方法としては、薬品入りの歯磨き粉の使用が一般的ですが、もう一つ専用の機器を使用するという方法があります。

まずホームホワイトニング用機器で有名なものとしてマウスピース型のタイプがあります。
これはマウスピースを口の中にはめ込み、その内部にホワイトニング用のジェルを入れるという方法です。

より効果を高めるためにLEDライトが付いたタイプなどもあり、自宅でできるホワイトニングでは最も効果が高いとされています。

市販品は数千円程度で販売されていますが、歯の形は一人ひとり全く異なるので、より高い効果のホワイトニングを自宅で行うには、専用のマウスピースを歯科クリニックで作ってもらうことが勧められます。

またホームホワイトニングに使用する薬品は医薬品に準ずる扱いとなっているので、自己判断で使用してしまうと思わぬ副作用が発生することもあります。
始める前にはきちんと歯科医の指導を受け注意点を守って行うようにすることが大切です。

最近はインターネットで強力なホワイトニング剤を個人輸入する人もいますが、それは一歩間違えると重大な健康被害が発生する可能性のある危険な行為です。

歯並びが悪いと思うような効果もでませんので、まずはそちらも歯科で矯正をした方がよいでしょう。