1. >
  2. >
  3. 100均でそろえる収納ボックス
本棚

100均でそろえる収納ボックス

かなり便利な100均の工作木材

DIYを趣味にしている人にはすっかり御用達になっているのがダイソーやセリアなどの100均ショップです。
100均ショップは都心部にも郊外にもかなりたくさんの大型店舗がありますので、自動車を持っておらずなかなか遠くの大型ホームセンターに出かけることができない人にとって重宝します。

中でもDIYグッズとして大注目なのが「工作用木材」として販売されている各種大きさの板材や柱材です。
これらの木工製品は店内のDIYコーナーに置かれており、組み合わせ次第ではかなり便利な製品を自分で作ることができます。

こうした板材はそのまま使用することもできますが、より自宅の状況にあった製品を作るなら一工夫してノコギリカットや塗装をするのがよいでしょう。

工作木材を使ったDIY製品としては、棚や収納ボックスといったものが代表的ですが、うまい人になるとミニチュアチェアや窓枠、ハンガーなどを作っていたりします。

DIY初心者の場合あまり複雑な形状にいきなり挑戦するのではなく、まずは長方形の板を組み合わせるだけでできる棚から初めてみるのがおすすめです。

特に食器棚やカラーボックスなど、既存家具で一つの棚サイズが大きすぎるときに作ってみるのが便利な方法です。

棚の中にミニチュア棚を作ることで段数を増やすことができるので収納容量が一気に多くなり部屋をすっきり片付けることができます。

使える100均のプラボックスシリーズ

もう一つ100均グッズで見逃せないのがプラスチック製のケース類です。
プラスチック製品は100均の中でもかなり品揃えが充実している分野であり、サイズや高さはかなり高い自由度で選ぶことができます。

プラスチックケース類でも特におすすめなのがキッチン用のオープン式のボックスです。
これはゴミ箱のように上面が開いたボックス・ケースですが、同じサイズのものを複数揃えて棚の中に並べておくことで細かいものを収録することができる引き出しに変わります。

最初に紹介した工作用木工と組み合わせることで、プラボックスの高さぴったりの棚を自分で設置することができるので、細かい調味料や食器などを収納するのに便利です。

ただプラボックスの場合、どうしても外からの見え方が安っぽくなってしまうという問題があります。
そうした時には再び工作用木材を使用して、見える部分に飾り板をつけるという方法がおすすめです。

板をプラボックスの正面部分のサイズに合わせて切り、それを強力な両面テープで貼り付けることで木製の棚として機能するようになります。

ノコギリや粘着テープも同じく100均ショップで購入することができるようになっているのであちこち探しにいく必要もありません。

カテゴリー: DIY