1. >
  2. >
  3. 30代からの加齢臭対策とは
階段を上る男女

30代からの加齢臭対策とは

気になる加齢臭の原因とは?

30代を超えたあたりから、多くの男性が気にするようになるのが加齢臭です。満員電車に乗っているとき近くに高齢の男性がいると独特の体臭がするものですが、中高年世代以降の男性のほとんどがこの同じようなニオイを出すようになります。

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質で、これは皮脂腺の中にある「パルミトオレイン酸」と「脂肪酸」それに「過酸化脂質」が結びつくことによって発生します。なぜ中高年の男性にばかり加齢臭が発生するかというと、加齢によりノネナールのもとになるパルミトオレイン酸が中高年世代にさしかかる男性に多く分泌されるようになるからです。ノネナールを多く発生させる原因となるのは、脂質の多い食生活や喫煙習慣、睡眠不足、運動不足、また過度な精神的ストレスなどが挙げられます。

20代までは多少不摂生をしても体内で分解をしてノネナールの発生まではいたらないのですが、加齢により酸化が体内で起こるようになるとそれが加齢臭の原因となる多くの成分を分泌することになります。そこで加齢臭の対策としては「ノネナールをできるだけ発生させなようにする」ことと、「発生したノネナールのニオイをできるだけ少なくすること」の二点が挙げられます。

加齢臭はだいたい40歳くらいから発生し始めるものとされてきましたが、ここ近年では長時間労働による不摂生などにより発生時期は早まり30歳から感じるようになる男性が増加しています。できるだけ早めに対策をして、知らないうちに周囲にニオイの迷惑をかけないようにしていきたいところです。

ニオイを自然に解消する「ハーモナージュ効果」

まず加齢臭の根本的な対策として、毎日きちんと入浴をして汚れがたまりやすい体の箇所を徹底的に洗うようにするということが挙げられます。

加齢臭は皮脂が発生原因の一つであることから、汗をかきやすい場所がニオイのもとになるという特徴があります。具体的には頭皮や脇、背中上部、耳の後ろといったところを重点的に洗っていくことでかなりニオイの元をおさえることができます。また外出時に加齢臭を抑えるための方法として「ハーモナージュ効果」のある消臭剤を使用するという方法があります。

ハーモナージュ効果とは、ノネナールと結合をしやすい成分を使用したもので、加齢臭が強い人ほど結合によりよい香りを発生させることができるようになることです。ハーモナージュ効果がある製品としては、消臭スプレーの他にシャンプー、石鹸などがあります。普通の香水では強いニオイと強いニオイがケンカをしてより悪いニオイになりますが、このハーモナージュ効果がある製品なら爽やかにニオイを消してくれます。

食生活の改善もカギ

食材の中には、体臭を引き起こす食べ物も多いため、日々の食生活には気を配りたいものです。例えば、トウガラシやキムチのような辛い食べ物は、発汗を促し体臭を誘発しますし、お酒に含まれるアルコールも体内で分解されると、肺や汗腺から臭いを発生させます。

反対に、緑黄色野菜のような食物繊維やビタミンが多く含まれている食材は、悪臭成分や酸化臭の発生を抑制し、体臭を抑えることが可能です。日々の食事を外食に頼っている人ほど食生活を改善させるのは大変ですが、現在は食材の宅配サービスなども存在するため、上手に利用するようにしましょう。