1. >
  2. >
  3. ビジネスの場面でお祝いを贈る
ビジネスギフトは何が良い

ビジネスの場面でお祝いを贈る

ビジネス関係のお祝いを贈る場合、何を贈っていいかわからず悩んでいる人も少なくないはずです。ビジネスでお付き合いするのにお返しは避けて通れません。そこで、ビジネス先と永くお付き合いして、良好な関係を気付くために失礼のないギフト選びを指南します。

何を贈るか

ビジネスでお祝いするシーンは開店、開業、移転や就任祝いなどがあります。他にもさまざまなお祝いがあります。

書籍やWEB上では無難とされている商品も相手のことやビジネスを知らないと失礼になります。ちなみに贈り物で喜ばれるとされているものには観葉植物、胡蝶蘭、オフィス時計、酒類、商品券です。しかし、酒類は人によって好みが分かれ、下戸の人にもおすすめできないギフトです。また観葉植物や胡蝶蘭などは、世話をしないと粗大ごみになるため、最近では贈り物として憚られるケースもしばしばです。

人気の贈り物

では、ビジネスのお祝いで喜ばれるオフィスギフトで人気のある商品にはどのようなものがあるのでしょうか。

人気の高さで言えば、生活家電製品などが挙げられるでしょう。特に掃除機は人気です。ダイソンシリーズなど少し高めの掃除機が喜ばれます。

また、机や椅子、ラックもビジネスのお祝いとしては最適です。椅子やラック・机は会社の業務や経営に必須ですから、オフィス用のギフトとしては最適でしょう。さらに、事務機器も人気でその中でも会社の大事な書類を破棄するシュレッダーに人気が集まっています。その他ビジネスのお祝いで喜ばれる事務用品は金庫やペーパーカッターがあります。

このほかにも、消えものと言われる食品もビジネスのお祝いにピッタリです。神戸牛やドンペリなどワンランク上の飲物や食材の贈り物が人気です。食品は季節によって旬が異なるため、季節にあったものをチョイスするのがおすすめです。

相手の都合を考慮した品物選びを

ただし、人気があるお祝いで喜ばれるギフトを贈ったものの置場所に困ったり、本当に必要としているのでなければギフトを贈られたビジネス先は困ることになります。相手の都合を考慮したうえで品物えらびをしたいものです。

マイプレシャス|特別感が伝わる「専用」カタログギフト

そういった点を考慮すれば、カタログギフトなどもおすすめのギフトに挙げられるでしょう。カタログギフトは、専門で扱う店舗も多く手に入りやすいうえ、贈ってもらった人が好きなものをカタログの中から選べるというメリットがあります。日本では、何が欲しいか聞いても遠慮して答えない人が多いので、国民性という観点からみても優れた贈り物でしょう。

また、年代の異なるビジネス先であれば、必要としているものも異なります。カタログギフトはその点センスも気にしなくていいので気軽に贈れるお祝いです。